Top Nanami Journal

神楽坂まつり<2010.7.22>

今年も「神楽坂(かぐらざか)まつり」の季節(きせつ)になりました。

23日(金)、24日(土)は、阿波踊り(あわおどり)があります。

「神楽坂まつり」詳しくは→神楽坂通り商店街HP


 
2009年7月 神楽坂まつり「新宿区役所つつじ連」の阿波踊りの一部

 



「つつじ連」の阿波踊りは美しい!と定評(ていひょう)があります。

「阿波踊り(あわおどり)」とは、盆踊り(ほんおどり=Bon dance)の一種(いっしゅ)です。
徳島県(とくしまけん)周辺(しゅうへん)の盆踊り(ぼんおどり)が全国(ぜんこく)に広がりました。
日本三大盆踊り(にほん さんだい ぼんおどり)のひとつです。

阿波踊りは、三味線(しゃみせん)、笛(ふえ)、鉦(かね)、太鼓(たいこ)に合わせて
大勢(おおぜい)の人が列(れつ)を作って踊ります。

囃子詞(はやし ことば=踊りながらかけ声をかける)にも色々あります。

例1:
「踊るあほうに 見るあほう 同じ あほなら 踊りゃにゃ 損々」
というのが全国的に有名です。
※意味・・・「踊っているバカと、見ているバカ、同じバカなら 踊らなくては損(そん)ですよ」

例2:
「一かけ二かけ三かけて、しかけたおどりは止められぬ。
五かけ六かけ七かけて、やっぱりおどりはやめられぬ。
ヤットサー、ヤットサー、ヤット、ヤット♪」

※意味・・・ことば遊びですね。いち・に・さん・・ご・ろく・しち・はち→

※囃子詞(はやしことば)は連(れん=チーム)によって違います。


踊り(おどり)には、男踊り(おとこおどり)と女踊り(おんなおどり)があります。

女踊りは両手(りょうて)を上げて、足を後ろにけりながら、つま先だけで踊ります。
チーム(連・れん)で踊りを合わせるのがポイントです。
見ていると楽(らく)そうですが、実際(じっさい)に踊ってみると、かなり汗をかきます。

男踊りは、女踊りとは全く逆で、大胆(たいたん)に踊ります。
浴衣(ゆかた)の下の方を端折って(はしょって=帯にはさんで)、
腰(こし)を落として大股(おおまた)で踊ります。
見ているだけても大変(たいへん)そうです。

女踊りは「静(せい)」を表現(ひょうげん)し、
男踊りは「動(どう)」を表現(ひょうげん)します。

その「静」と「動」のバランスの美しさを、他の連(れん=チーム)と競い(きそい)ます。

みなさんもお時間がありましたら、神楽坂の阿波踊りを見に出かけてみませんか?
ライブは、熱気(ねっき)と迫力(はくりょく)があります。

男性は「女踊り」を踊りませんが、女性が「男踊り」を踊る連(れん=チーム)もあります。

★おすすめの本 神楽坂について詳しく書かれている本です。
 「神楽坂がまるごとわかる本」 著者:渡辺功一 編集:けやき舎
 著者の渡辺功一先生は「神楽坂」について詳しく研究されています。
 渡辺先生の「街歩きの会」は、とてもおもしろいです。
 「神楽坂の街歩き」にご興味のある方はメールでご連絡をお願いいたします。