トップ 七海通信

 

お通し(O-toshi)<2013.08.18>

 

日本にある 料理屋の お通し(O-toshi)を 知(し)って います か?

O-toshi” is a small appetizer to every customer which is a customary kind of cover charge.
The appetizer is the chef's choice, and we cannot make substitutions.

お通し(O-toshi)の写真(しゃしん)を紹介(しょうかい)します。

↑いんげんとにんじんのゴマあえetc.  ↑イカ&わかめ&オクラの和え物
↑ 11人分のお通し。
普通お通しは選べませんが、ここでは選べました。
↑ひじき&お魚の揚げびたし
↑こんにゃく(konjak)&魚の煮物 etc. ↑イタリアンレストランのお通し
↑鶏肉の皮のポン酢あえ ↑ふき(butterbur)のにもの
↑やさいの煮物(にもの) ↑魚&野菜の揚げびたし
↑鴨(duck)&たまねぎ(onion) ↑メキシコ料理店のお通し

↑やさいのにもの(nimono is boiled and seasoned food)

↑胡麻豆腐&貝&アスパラの生ハム巻き
↑高菜(たかな)のあえもの

↑魚(fish)&舞茸(maikate-mushroom)のてんぷら

↑海老焼き ↑たこ(octopus)&野菜(やさい)のマリネ(marinade)
きゅうり&里芋の煮物&いかの塩辛 ↑ゆで卵

お通し(O-toshi)は日本の特別(とくべつ)な商習慣(しょうしゅうかん=business practice)です。

最近(さいきん)では、お通し(
O-toshi)を出さないお店もあります。

値段(ねだん)は、お店(みせ)のランクによっても違(ちが)いますが、
だいたい普通(ふつう)の居酒屋(いざかや)ですと200円~400円くらい、
高級店(こうきゅうてん)ですと500円~1000円くらいです。

食(た)べる前(まえ)でしたら「いりません」と断(ことわ)ることもできますが
食べてしまったら、払(はら)わなければなりません。
また、食(た)べなくても、お通し代を請求(せいきゅう)するお店(みせ)もあります。

トラブルにならないように、はじめに聞(き)いてください。
「お通し(O-toshi )代(だい) は かかりますか?」

「お通し(O-toshi )代(だい) は いくらですか?」

日本人(にほんじん)の場合(ばあい)、
このような質問(しつもん)をする人(ひと)はほとんどいません。

日本の料理屋(りょうりや)とお客(きゃく)さんとの間(あいだ)にある
古(ふる)くからの文化(ぶんか)ですから質問(しつもん)をしないのだと思います。

しかし、最近(さいきん)では、「お通しはいりません」という人もいるそうです。

私は、「お通し(O-toshi )」を 見(み)て、食(た)べてから、
そのお店(みせ)が どんなポリシーを持(も)ってやっているのか、
ほんとうにおいしい料理(りょうり)を出(だ)す店(みせ)かどうかを
判断(はんだん)しますので絶対(ぜったい)ことわりません。

私は逆(ぎゃく)に「お通し(O-toshi )」を
楽(たの)しみにしているお店(みせ)もあります。

今日、シェフ(料理人)は、お客様(きゃくさま)に
どんなおいしいものを選(えら)んでくれるのかな?

そのお店(みせ)は、おいしいお店だからです。

※関東(かんとう)では「お通し(O-toshi )」、関西(かんさい)では「つきだし」という場合もあるそうです。