トップ 七海通信

和食(わしょく)菊の花(きくのはな)<2013.10.25>

あなたの国では、菊の花(きくのはな)を食(た)べる習慣(しゅうかん)がありますか?

菊の花(きくのはな)は、見(み)るためのものですね。

日本ではこの季節(きせつ)、菊の花を食べる習慣(しゅうかん)があります。
見るための菊(きく)ではなく、食用(しょくよう)の菊(きく)が作られています。

今回は、紫色(むらさきいろ)の菊(きく)で作った
酢の物(すのもの)を紹介(しょうかい)します。


菊の花びらを熱湯(ねっとう)に入れてゆでます。
歯(は)ごたえが、シャキシャキするくらい、さっとゆでます。

 

そして、酢(す)をかけると・・・
色(いろ)が変(か)わりました。
マジック!!!



きれいな色(いろ)、ワインのような色(いろ)に変わりました♪

この紫色(むらさきいろ)の食用菊(しょくようぎく)の名前(なまえ)は
「もってのほか」といいます。
食用菊(しょくようぎく)の王様(おうさま)といわれています。



日本には4つの季節(きせつ)、春・夏・秋・冬。四季(しき)があります。
その季節(きせつ)ごとの食材(しょくざい)を
おいしく料理(りょうり)して
食(た)べることを楽(たの)しんでいます。


日本料理(にほんりょうり)=和食(わしょく)が
無形文化遺産(むけいんぶんかいさん)
2013年12月に正式(せいしき)に登録(とうろく)されるかもしれません。

詳しくは・・・産経ニュース(msn)→http://sankei.jp.msn.com/life/news/131022/trd13102221420005-n1.htm

日本料理(にほんりょうり)=和食(わしょく)を食べたら、
日本人(にほんじん)の
「おもてなしの心(こころ)」
外国(かいこく)のみなさんに伝(つた)わると思っています。

日本へ、本物(ほんもの)の和食(わしょく)を食べにきてください♪


写真撮影場所:新宿区神楽坂 割烹料理 お腹袋様
       ご協力ありがとうございました。