トップ 七海通信

蕎麦打ち体験教室<2014.11.10>

蕎麦打ち体験教室を行いました。
We performed a classroom made with soba for a foreigner.

今回は多国籍の蕎麦打ち教室となりました。
It became the multi-national cooking class this time.

本格的な蕎麦打ちの道具を使って、蕎麦インストラクターがデモンストレーションを行いました。
With a real tool, the soba instructor held a demonstration made with soba.

和食は無形文化遺産に指定されました。
和食は海外からのお客様に大変人気があります。

和食の中でも代表的な蕎麦を作り、自分で作った蕎麦を試食をしました。

We performed an experience soba cooking class.
The Japanese food became the Intangible Cultural Heritage.
The Japanese food is very popular with the visitors from the foreign countries.

They cooked representative soba in Japanese food and tried the soba which they made by oneself.





Fijiko蕎麦インストラクターは親切に水の量を説明しています。
Instructor Fujiko explains quantity of the water kindly.



Takako蕎麦インストラクターは熱心に蕎麦の「こね方」をアドバイスしています。
Takako instructor advises a way to knead soba eagerly.



蕎麦を切るところで話題は一番盛り上がりました。
皆さん真剣に、そして繊細に蕎麦を切りました。
A topic became lively most.
It is work to cut soba.
It was very earnest, and everybody cut it delicately.

お蕎麦を通して外国の皆さまに
「日本のファン」になっていただきたいですね♪
We hope to have foreign all of you become a Japanese fan through soba.

七海日本文化体験プログラム
NANAMI Japanese culture program Division.