トップ 七海通信

節電対策(せつでん たいさく)について<2011.04.28>

原発の問題で、この夏は電力不足になるということが確定しています。
地球温暖化の影響で、日本(特に東京)の夏は暑いですね。

今年はどこの企業も、個人も日本中のみんなが
夏の節電対策で頭を痛めています。

みんなが団結して節電に協力しないと需要と供給のバランスが崩れて
大規模停電(だいきぼ ていでん)になることが一番怖いですね。

大規模停電とは、電力が不足した時点でどの地域に
電気が通じなくなるのか予想がつかない停電がおこるかもしれないからです。

一生懸命に入力したパソコンのデーターも消えてしまう、
なんてこともあるかもしれません。


写真:夏の北海道大学
この夏は北海道へ旅行に出かけてみては?

アイディアは・・・

使うエアコンの台数を減らして、扇風機を使って空気を循環させよう!

日の当たる窓にはグリーンのカーテン(植物を植えよう)を作ろう!

使わない電気器具のコンセントを抜きましょう!

服装はスーツ、ネクタイをやめて、軽装(カジュアル)にしましょう!

企業では、サマータイムを導入しましょう!

8月中旬に集中する夏休みは分散してとりましょう!

皆さん、色々なアイディアを出して真剣に考えています。


(株)七海インターナショナルの節電対策は・・・

5月~9月の間は、軽装(カジュアル)にします。
スーツは着ません。

ジャケットも着ません。
ネクタイもしめません。
靴下もはきません。
ストッキングもはきません。
Tシャツやアロハシャツを着て、
ショートパンツをはきます。
ビーチサンダルをはきます。
リゾートファッションで仕事をします。
レッスンやセミナーにも、軽装(カジュアル)で行きます。

エアコンを28度に設定します。
そして、団扇(うちわ)や、扇子(せんす)を使います。
首に濡れた「手ぬぐい(タオル)」を巻いて体温を下げます。
昔から日本に伝わる暑さ対策を再現(さいげん)します。

照明器具も最低限しか点けません。
効率よく仕事をして、夜遅くまで仕事をしません。
あいた時間で買い物や食事に行きます。(
経済の活性化も必要です。)
※残念ながら、弊社ではサマータイムの導入は難しいことがわかりました。

今年の夏、皆さんの会社やご自宅では、
どのような節電対策を実施するのでしょうか?